【保存版】2019年の話題仮想通貨をまとめて紹介!

いまや仮想通貨取引も、最初の頃と比べて身近なものになり、興味を持っている方も多いと思います。

しかし現在、仮想通貨の種類は1500を超えると言われています。そうなるとどの仮想通貨がいいのか、何が違うのか、わからなくなってきますよね。

この記事では、数あるコインを時価総額と流通量と一緒に紹介していきたいと思います。

日々更新していきますのでお付き合いいただけると嬉しいです!

時価総額とは
時価とはその日の市場での価格の事を時価と言い、総額はその時価に発行済みの株式数を掛けた数字の額のこと。
流通量とは
その仮想通貨がどれほど発行されて市場取引の対象となっているのかを表す。

仮想通貨についての概要はこちら

 

ビットコイン(BTC)

ビットコインとは

ビットコイン(BTC)は、2008年10月、ネット上に「Satoshi Nakamoto(サトシ ナカモト)」と名乗る人物がある論文を投稿したことから始まりました。これは、国家や銀行を介することのない分散管理型の仮想通貨について書かれたものでした。

その投稿から3ヵ月後の2009年1月、ナカモト氏の論文を基にしたオープンソースのソフトウェアが作られ、公開されます。管理者不在で動作する新しい通貨、現在まで続くビットコイン(BTC)でした。

2019年現在時価総額が10兆円を超え、仮想通貨の中でもトップクラスとなっています。

時価総額

2019年7月現在、時価総額は約22兆円であり、時価総額第1位です。1コイン100万円前後で取引されています。

ビットコインが最も活発に取引されている取引所はBinanceです。

現在ビットコインは、ピーク時に付けた220万円からわずか1ヶ月で100万円以上の暴落を見せるなど、価格は乱高下を繰り返しています。2017年以降さらに注目が集まり、価格が急激に上昇。2017年12月には1BTCが200万円を超え、1年間で価値が20倍以上にも高騰しました。

流通量

2019年7月現在、流通量は17,812,500です。時価総額は巨額ですが、流通量でみるとビットコインはトップ10にもはいっていません。

理由は、ビットコインは数量1当たりの価格が相対的に高くなっているため、流通量が高くなくても時価総額がトップクラスなのです。そもそも、仮想通貨ごとに最初の時点から数量1当たりの価格は異なる設定になっています。流通量でビットコインをはるかに上回っていたとしても、数量1当たりの価格が安ければ時価総額もそれなりの規模となってしまいます。

ビットコインは流通量を意図的にコントロールしており、なぜかというと流通量が多くなると、”希少性”という魅力が薄れてしまうからです。

 

イーサリアム(ETH)

イーサリアムとは

2013年、Vitalik Buterinにより考案され、2014年に販売が開始されました。2019年7月現在ビットコインに次ぐ時価総額第2位の仮想通貨です。

イーサリアムの最大の特徴は「スマートコントラクト」(Smart Contract)技術の利用です。

スマートコントラクトとは
取引契約を人の手を介さず、自動化してスムーズに行うための仕組み

スマートコントラクトをわかりやすく説明すると、近年カーシェアが流行っていますよね。

あれは契約が成立すると契約情報が自動的にキーとして付与され、契約から決済そしてレンタル終了まで、すべてネットで完結できるサービスです。

スマートコントラクトのメリット

・契約情報がブロックチェーン上に永久に保存され、改ざんされるリスクが低い

・仲介を必要としないため手数料はかからず、手続きの時間短縮も可能

2017年にはイーサリアム・スマートコントラクトのビジネス活用を目的とし、EEA(Enterprise Ethereum Alliance、イーサリアム企業連合)が発足されました。

JPモルガンやマイクロソフト、トヨタ自動車など、国内外の大手企業数十社が加入しており、今後の展開が注目されています。

時価総額

2019年7月現在の時価総額は約3.1兆円で、時価総額第2位です。1コイン23,000円前後で取引されています。

イーサリアムが最も活発に取引されている取引所はBinanceです。

2018年4月にG20のサミットにより、仮想通貨の禁止や規制についての懸念から徐々に価格が暴落したものの、その後行われたイーサリアムの開発者間会議にてイーサリアムのコンセンサスアルゴリズム変更のための新しいコード準備が整ったと発表したことにより、回復しました。

流通量

2019年7月現在、流通量は106,861,683です。流通量としては決して多くはありません。

リップル(XRP)

リップルとは

リップルとは、金融機関が国際送金で抱える課題を解決するために開発されたリップルネットワーク内のネイティブ通貨です。金融機関はリップルをさまざまな法定通貨、仮想通貨のブリッジ通貨として機能させることで、従来の国際送金コストを60%削減できるといわれています。

時価総額

2019年7月現在、時価総額は1.43兆円で、時価総額第3位です。1コイン33円前後で取引されています。

リップルが最も活発に取引されている取引所はBinanceです。

現在仮想通貨テザーの大量発行により、ビットコインの下落によって乱高下しています。

流通量

2019年7月現在、流通量は42,566,596,173です。

ライトコイン(LTC)

ライトコインとは

ビットコインの次に歴史が長いとされる、メジャーな仮想通貨のひとつです。

特徴として、ビットコインのブロック生成時間が10分に調整されるのに対し、ライトコインのブロック生成時間は2.5分に調整されます。つまり、ビットコインよりも4倍早く取引が承認され、迅速な取引を行えることがでいます。

時価総額

2019年7月現在、時価総額は5,938億円で、時価総額第4位です。1コイン9,400円前後で取引されています。

ライトコインが最も活発に取引されている取引所はCoinbase Proです。

2019年6月ごろから価格の上昇が激しく、他の通貨が0~3%の上げ幅の中、8~9%の値上がりを見せている日もあります。

流通量

2019年7月現在、流通量は62,671,912です。

ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュとは

ビットコインキャッシュは2017年8月、ビットコインのバージョンアップに伴い「ハードフォーク」によって誕生しました。

ハードフォークとは
ブロックチェーンのプロトコルに規定された検証規則を緩和することによって発生するブロックチェーンの分岐のこと

ビットコインキャッシュの基本的なシステム仕様は、ビットコインをベースにしていますが、データ容量を大きくすることで、ビットコインが抱えていた問題点の解決を図ったことが最大の特徴です。

ビットコインキャッシュは常に上位の時価総額を誇る有力なコインになっています。

時価総額

2019年7月現在、時価総額は5,993億円で、時価総額第5位です。

2019年6月後半までは価格が上昇していましたが、それ以降は下落を続けています。

流通量

2019年7月現在、流通量は17,893,700です。

テザー(USDT)

テザー(Tether)とは

テザーはTether社が2015年2月から発行している、米ドルとペッグした暗号通貨です。

最大の特徴は、他の仮想通貨で見られるような大幅な価格変動がないことです。仮想通貨のなかには価格の安定を目指して作られたものもあり、その代表としてあげられるのがテザーです。USDTという単位で表されるTetherはUSD(米ドル)を基準にして価値が決まっています。

時価総額

019年7月現在、時価総額は4,364億円で、時価総額第7位です。1コイン108円前後で取引されています。

テザーが最も活発に取引されている取引所はBinanceです。

17日に大幅に下落するも、その後通常価格まで持ち直しています。

流通量

2019年7月現在、流通量は4,018,746,638です。

クアンタム(Qtum)

クアンタムとは

クアンタムは、2016年3月にシンガポールにあるQtum財団のオープンソースブロックチェーンプロジェクトで開発されました。

仮想通貨時価総額1位と2位、Bitcoin(ビットコイン/BTC)とEthereum(イーサリアム/ETH)のコインの利点をあわせもった、ビジネス志向の次世代トークンです。

クアンタムの開発方針は、現在最も成功している仮想通貨の技術のいいとこどりをするという、地に足の着いた現実的なものでした。具体的には、イーサリアムのスマートコントラクト機能をビットコインのUTXOモデルでの動作を実現することで、独自のトークンQtumを作り上げています。

時価総額

2019年7月現在、時価総額は約316億円であり、時価総額第34位です。

時価総額ランキングはそれほど高くないにしても、独自のトークンQtumを作り上げることで注目度は高く、今後上がっていく可能性は十分にあります。

流通量

2019年7月現在、流通量は95,867,988です。

 

参考サイト

CoinMarketCap

CoinGecko

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です