はじめての仮想通貨 メリット・デメリットは??【後編】

こんにちは、webデザイナーのchiakiです。

前回の記事では、仮想通貨のメリットについてお伝えしました。

今回は、仮想通貨のデメリットについてまとめました。

仮想通貨のデメリット

1. 手数料が高い場合がある

取引所によって取引手数料が決められていますが、売買する時にかかる手数料やスプレッドが高い場合があるので注意が必要です。

特に頻繁に取引する場合、手数料は大きな負担となる可能性があります。

2.ハイリスク・ハイリターン

仮想通貨は、値動きが激しいため、利益が出た際には大きくなる可能性もあります。ただし、予想とは反対の値動きが生じた場合に、大きな損失を被る可能性があることも認識しておく必要があるでしょう。

そのため初心者の方の場合、少額の取引から始めるのも選択肢の一つです。

3.紛失やハッキングの可能性

仮想通貨の取引所には巨額の仮想通貨が集中してしまうため、ハッキングの被害を受けて通貨を盗まれるリスクがあることです。

仮想通貨は、電子データであるため簡単に持ち運べるという利点があります。その一方で、ネットワークを通じたハッキングなどの攻撃を受けると簡単に盗まれてしまう可能性もあるのです。

そのため、仮想通貨の資産はさまざまな自分の「ウォレット」で分散管理をするのも一つの対策方法です。「ウォレット」とは、仮想通貨を自分で管理するためのツールで、銀行口座のようなものです。

ただしウォレットの「秘密鍵」をなくしてしまうと、仮想通貨にアクセスができなくなるため、仮想通貨を紛失したことになります。その場合、どうすることもできませんので、「秘密鍵」だけは必ず忘れないよう注意してください。

まとめ

以上、2回にわけて仮想通貨のメリットとデメリットをまとめてみました。

なんとなく、仮想通貨について理解していただけたでしょうか?

ハイリスクハイリターンについては仮想通貨投資ではなくてもどの投資にも言えることだと思いますが、ハッキングの脅威があるというのは、WEB上で取引をする仮想通貨ならではの問題ですね。

次回は仮想通貨とブロックチェーンについてお話しようと思います。