仮想通貨のメリットとデメリット

こんばんは、デザイナーのmotoです。
今日は昨日、記事に書いた仮想通貨のメリットとデメリットについてお話ししていこうと思います。
昨日の仮想通貨については何となく理解していただけたでしょうか?
まだ、読んでいない方はぜひ読んでください。

仮想通貨のメリット

価格変動から利益を得られる

仮想通貨は投資として利用することができ、価格の変動から利益を得られる可能性があります。
例えばビットコイン(BTC)は、2010年から2017年の間に価格が百万倍にも膨れ上がっています。もし2010年に1000BTCほどを購入していれば、2019年2月時点の価格で4億円ほどになっています。

少額からでも投資できる

投資と聞くと、ある程度資金がないとダメなのではと思いがちですが、仮想通貨の場合、数百円単位からも可能です。
そのため、これまで投資をしたことがない初心者にとっても、始めやすいと思います。

インターネット上でお金の管理ができる

仮想通貨はインターネット上で管理するため、スマートフォン上でウォレットと呼ばれる仮想通貨のための財布を作ることができます
また、スマホアプリで購入や売却だけでなく、支払いや送金などをすることもできます。

海外送金の手数料が安い

仮想通貨を送金する際には、日本の銀行などの中央機関を介さないため、複雑な手続きは必要ありません。
そのため、送金にかかる時間も短くなりますし、送金コストもやすくなります。
日本円で送金をすると手数料が高いです。

24時間取引が可能

株式市場は基本的に平日9時~15時と、取引の時間が決められています。
一方、仮想通貨の取引所は24時間営業しているため、土日や夜間など、いつでも取引が可能です。

仮想通貨のデメリット

ハイリスク・ハイリターン

仮想通貨は、値動きが激しいため、利益が出た際には大きくなる可能性もありますが、値下がりの際には損失が大きくなってしまう可能性もあります。
そのため初めて利用する場合は、少額の取引から始めるのもいいかもしれないです。

紛失やハッキングの可能性

仮想通貨の取引所には巨額の仮想通貨が集中してしまうため、ハッカーに狙われやすいことは気に留めておく必要があります
最近もハッキングで5億円の損害が出たニュースがありました。

実用の機会が今のところ少ない

仮想通貨を日常的に使える場所はまだあまり多くはありません
東京都内で使えるお店は徐々に増えてきていますが、全国的に見るとまだまだ利用できるお店が少ないのが現状です。

インターネット環境とデバイスが必要

仮想通貨はインターネット上のお金のため、ネット環境や、PC・スマートフォンなどがないと、何もできません

以上が、仮想通貨のメリットとデメリットになります。
明日は仮想通貨の種類について一緒に共有できたら思います。
最後まで読んでいただきありがとうございます。