仮想通貨の種類について

こんにちは、デザイナーのmotoです。
今日は、仮想通貨の種類についてお話していこうと思います。
みなさんは、仮想通貨が何種類あるか知っていますか?
調べてみたところ、世界に約2000種類の仮想通貨があるそうです。
こんなにあるなんて知りませんでした。
今回は、初心者の方に知ってもらいたい仮想通貨を紹介します。

ビットコイン(BTC)

ビットコインは世界初の仮想通貨!

みなさんも名前は聞いた事あるのではないでしょうか。
ビットコイン(BTC)は正体不明の数学者「中本哲史(ナカモトサトシ)」さん が論文で発表した世界最初の仮想通貨です。
ブロックチェーンでお金を分散管理しているため透明性が高く、マイニングにより整合性が保たれ続けるため改ざんが不可能である特徴を持ちます。
管理者が存在せず仲介人なしに世界中で個人間の送金が行えるため、送金手数料が安く反映も早い新たな送金手段として注目されています。
仮想通貨の中で最も人気が高く世界中の12000店舗でビットコイン決済が導入されていて、時価総額は常に1位に位置付けています。

リップル (XRP)

リップルの送金性能は世界一!

リップル(XRP)はブロックチェーンやマイニングが存在しない珍しいタイプの仮想通貨です。
独自のマイニングアルゴリズムPoCを採用しており決済スピードが速く手数料が安いメリットを持ちますが、中央集権的であるためリップル社のカウンターパーティーリスクもあります。
決済手段としての役割以外にも、リップル社が提供するシステムRTXP上で法定通貨同士の両替を簡略化するブリッジ通貨としての役割もあり、仮想通貨に対し嫌疑的な多くの銀行でも採用が決定しています。

モナコイン(MONA)

モナコインは日本初の仮想通貨!

モナコインはライトコインのソースコードを元に2chの掲示板で誕生した日本初の仮想通貨です。
2ちゃんねらーを中心に開発が進められており、segwitを世界で初めて導入しました。
コインのデザインには2chの掲示板でよく使われるキャラ「モナーちゃん」が採用されています。
日本での人気は特に高くコミックマーケットや秋葉原などで実際に決済に用いられています。

イーサリアム (ETH)

イーサリアムはビットコインに次ぐ時価総額2位の仮想通貨!

イーサリアムはスマートコントラクトを採用し自動契約を実行できるプラットフォームです。
イーサリアムのプラットフォームを利用してユーザーが独自に分散型アプリケーションを作成できるのが特徴です。
マイクロソフトやトヨタ自動車などでも導入が予定されている将来性の高い通貨です。

NEM 

NEMはトークンエコノミーを作るプラットフォーム!

NEMとは、bitcointalkのフォーラム内のチームによって開発された多機能プラットフォームで、新しい経済圏を作ることを目的とされています。
このプラットフォーム内で使われる基軸通貨はXEM(ゼム)といいます。
コインチェックのハッキング事件で約580億円相当のXEMが流出したことで、日本国内で大きく知名度を上げました。
競合のEthereumとの差別化を図る上で、カタパルトの導入に成功して処理速度を上げられるかというところがいまのところ重要です。
他にも独自のプロジェクトが出てくるかどうかが今後の注目ポイントと言えます。
以上が、初心者の方におすすめの仮想通貨になります。
今日の仮想通貨を覚えていただければ幸いです。
明日は、おすすめの取引所を一緒に共有できればと思います。