イーサリアム(ETH)について

こんにちは、デザイナーのmotoです。
今日は、イーサリアムについてお話していこうと思います。
ぜひ、最後まで読んでいただけると幸いです。

イーサリアム(ETH)って、何?

前にも紹介しましたね。もう一度イーサリアムはどう言うものかおさらいしましょう。

イーサリアム(ETH)が誕生したのは、2015年7月です。その後、またたく間に世界中で人気を集め、ほとんどの販売所・取引所で扱われるメジャーなコインとなりました。
ただし、厳密にはイーサリアム(ETH)は仮想通貨そのものではありません。ブロックチェーンに「スマートコントラクト」という機能を組み込んだ、分散管理型のプラットフォームなのです。
それまでのブロックチェーンは、情報を収めておく鍵のついたブロックが鎖でつながったものでした。
ところが、イーサリアム(ETH)では、そのブロックの中に情報だけでなく、アプリケーションを収めておくことができるようにしました。
そして、特定の条件をクリアした場合に、そのアプリケーションを自動的に作動させることができるのです。
このような環境を提供するプラットフォームがイーサリアム(ETH)であり、その環境下で使われる暗号通貨が「Ether(イーサ)」という仮想通貨なのです。
ただし、現在ではイーサリアム(ETH)という名称が仮想通貨そのものを指す言葉として定着しています。
イーサリアム(ETH)では、ブロックチェーンに契約情報を書き込むスマートコントラクトによって、取引の経緯などの詳細な内容を記録することができます。この機能を持ったことによって、イーサリアム(ETH)は異色の通貨として注目を浴びることになったのです。

イーサリアムのメリット

イーサリアム(ETH)は、アルトコインの中では抜群の人気を誇り、時価総額もビットコイン(BTC)に次ぐ2位につけています(2019年7月現在)。

1. 短時間で送金を完了できる

仮想通貨では、ひとつの取引を完了させるためには、取引の内容が承認されなくてはなりません。
その承認作業がマイニングですが、ビットコイン(BTC)では「10分に1回」の頻度で行われるのに対して、イーサリアム(ETH)では「15秒に1回」です。そのため、スピーディーな決済が可能になります。

2. 発行上限・半減期がない

イーサリアム(ETH)には発行上限がありません。また、ビットコイン(BTC)のように、発行枚数が増えるに従って供給量が減らされていく「半減期」というものもありません。
そのため、ビットコイン(BTC)よりは安定した価格を維持しやすいというメリットがあります。

3. 信頼性の高いシステム

仮想通貨に使われているブロックチェーンの技術は、データの改ざんに強く、元々信頼性が高いものです。
それに、スマートコントラクトの技術を組み合わせることで、より強固なシステムとして運用することができます。
運用上のセキュリティホールが狙われることはあっても、イーサリアム(ETH)のシステムそのものがハッキングされる可能性は低いと言って良いです。

イーサリアムのデメリット

このように多くのメリットを持つイーサリアム(ETH)ですが、ほかのコインと同じようにデメリットも持ち合わせています。

1. ユーザー増加によるスケーラビリティ問題

イーサリアム(ETH)のメリットでもご説明したように、イーサリアム(ETH)は取引の承認を短時間で済ませることができます。
しかし、ブロックチェーンの1ブロックを15秒ほどで処理できるとしても、その数が増えれば、やはり承認には時間がかかるようになります。
イーサリアム(ETH)は取引情報だけでなく、ブロックの中にスマートコントラクトを実行するプログラムまで書き込むことになりますから、必然的に情報量が多くなり、結果として取引スピードが低下してしまうのです。
こうした問題はイーサリアム(ETH)が広く使われるほどに深刻化し、表面化しています。解決するにはネットワークの処理速度、つまりはブロック生成速度を高めるほかなく、そのための対策が検討・検証されています。

2. イーサリアム(ETH)の機能ゆえの弱点

ブロックチェーンはハッキングに強く、データの改ざんができません。また、スマートコントラクトによって、そのセキュリティは一層堅固になりました。
しかし、それらは逆に、イーサリアム(ETH)に仕込まれたプログラムなり情報なりのどこかに間違いがあったとしたら、それに対処するのが非常に難しいということにもなります。
例えば、過去にイーサリアム(ETH)は運用上の不備を狙われ、360万ETHを盗まれるという事件を経験しました。このとき、事態にどのように対処するかの議論が盛んに行われましたが、運営グループは時計の針を逆回りさせ、盗難事件を含めたそれ以降の取引データをすべて「なかったことにする」という決断をしました。
こうした処置を取らざるをえなかったのは、イーサリアム(ETH)の「改ざんに対する強度が高い」という特徴ゆえでしょう。強硬手段ともいえるこの対処をめぐり、イーサリアム(ETH)のコミュニティは賛否両論に沸き返って分裂し、結果として「イーサリアムクラシック(ETC)」という分裂したコインを生む結果となりました。
ですから今後も、もし同じような事件が起こった際、あるいはバグや情報の誤記が起こったときには、同じような事態に発展し、混乱を引き起こしてしまう可能性がまったくないとはいえません。

まとめ

以上が、イーサリアム(ETH)についてになります。
少しでも、分かっていただければ幸いです。
次回は、リップルについてみなさんと一緒に共有できればと思います。