ビットコインとは?ビットコインの今後はどうなる?

ビットコインとは?

 

ビットコインは、仮想通貨の代表格と言えるほど多くの人に知られています。 しかし仮想通貨の初心者には、まだまだビットコインは難しい存在です。 仮想通貨のすべてがビットコインと誤解している初心者も多く、詳しい内容は一般には浸透していないと言えるでしょう。 ビットコインは、あくまでも数多くある仮想通貨の一種です。 最も取引量が多いので代名詞的な存在になっており、Bitcoinは初心者向けの仮想通貨でもあります。 どちらも通貨としての価値をデジタルデータ化したものではありますが、電子マネーと仮想通貨は異なります。 電子マネーは国が発行したお金をデジタルデータ化したものですが、Bitcoinは国などが発行している通貨ではないことが大きな違いです。 また最大の発行枚数も2,100万枚まであらかじめ決められていて、この数値以上増えることはありません。 そのため将来的な値上がりが期待されているとされ、投機的な取引も行われています。

ビットコイン価格変動

 

BTCの価格が上がり続けていたのは、現実の通貨とは違い最大発行枚数が決められているからです。 しかし2018年頃からそれまでの仮想通貨の価格は上昇傾向から一変、BTCの価格は下落を続けています。 すでにビットコインは終わったという意見も聞かれていて、これから取引を始めるのは危険が大きいと思うかもしれません。

 

ビットコインの今後はどうなる?

 

確かに現在の相場だけを見ると、ビットコインの取引には手を出しづらいイメージです。 しかしこれから大企業が仮想通貨の世界に続々と参入する予定で、まだまだ見限られていません。 大企業は将来性があると考えているから参入を予定しており、実際に事業が成功すればさらに需要は増えるでしょう。 需要が増加する一方なのに決められている発行枚数に近づけば近づくほど、希少性は上がり価格も上昇する可能性は高まります。 短期的に見れば下落傾向にはあるものの、長期的に見れば明るいというのがビットコインに対する専門家の見方です。