韓国の仮想通貨取引所ビッサム、シンガポールに進出 | 現地の取引所が「ビッサム・シンガポール」に社名変更へ

こんにちは、motoです。

今日は仮想通貨の最新ニュースをみなさんと共有していきたいなと思います。

今日、紹介するニュースは以下の記事になります。

シンガポール拠点の仮想通貨取引所ビットホリック(Bitholic)は今月中に「ビッサム・シンガポール(Bithumb Singapore)」に社名変更する。ニュース1コリアが8月8日に報じた。韓国の仮想通貨取引所ビッサムの海外事業拡大の一環とみられるが、株式構成の発表などはない。

ビッサム側は、ビットホリックは、ビッサム・シンガポールの名の下でコイン取引事業の公開を計画している」としている。報道によると、ビットホリックの代表はパク・チュンフン氏で、元ビッサムの戦略企画部門ディレクターだ。

社名変更は今月中に実施されるとしているが、この記事の執筆時点では同ウェブサイトは「ビットホリック」のままだ。

ロイターの昨年10月の報道によると、シンガポールを拠点に事業を展開しているBKグローバルコンソーシアムがビッサムの経営権を実質的に取得。ビッサムの大株主である企業の株式を3億5400万ドル(約370億円)で取得している。BKグローバルを率いるキム・ビョンガン氏は、韓国とシンガポールの病院の形成外科医で、ブロックチェーン事業にも投資しているとされる。

コインテレグラフ

今後のビッサムに注目ですね、会社の規模が大きくなればそこで取り扱っている仮想通貨も上がってくるのではないでしょうか。