トロン(TRX)について

こんにちは、motoです。
今日は、トロンについてお話していこうと思います。
ぜひ、最後まで読んでいただけると幸いです。

トロン(TRX)って、何?

トロン(TRX)とは、2017年に公開された仮想通貨で通貨単位は「TRX」です。デジタルコンテンツ業界に特化した仮想通貨として、シンガポールの「Tron財団」というチームによって開発されています。

Tron財団は、公正でオープンなネットワークの運用を目的にしている非営利組織で、ACRAというシンガポールの企業規制当局の承認を得て設立されていますので、信頼性のある安定した財団であると考えていいでしょう。

トロンの特徴

1.トロン創業者の経歴

トロンが注目される理由の一つに創業者であるジャステイン・ソン氏の経歴があります。

ジャステイン・ソン氏は元リップル(XRP)の中国地区代表として資金調達などを行っており、トロンを開発したTron財団のCEOも務め、また音楽ストリーミングサービス「PEIWO」のCEOでもあります。

PEIWOとは、ツイキャスの中国版のようなイメージで、中国では人気で1,000万人以上のユーザーがいるアプリです。PEIWOでは、すでにトロン(TRX)での支払いが可能となっています。

2.クリエーターの為のコイン

トロン(TRX)は、ブロックチェーンをベースにしている分散型のプロトコルで、データを自由に公開したり所有したりすることが可能です。つまり、世界中のクリエーターがデジタル資産の公開やその配信を自由に行える仕組みとなっています。

トロンが目指しているのは、クリエイティブでエンターテーメントなデジタルコンテンツを多くの人に提供することであり、利益を得ることではないとしています。

トロンの実用化が広まることで、今まで埋もれていたクリエーターも多くの人の目に留まることになり、新しいクリエーターを応援する社会が出来上がります。

3.トロンの初回ICOは即完売

日本でも人気の世界最大クラスの仮想通貨取引所Binanceで行われた初回ICOの際には、5億TRXがわずか30秒足らずで完売するという人気ぶりでした。ちなみに、同じくBinanceでの2回目のICOでは3億TRXが10秒で完売しています。

トロンの総発行予定数量は1,000億TRXとなっており、いくらなんでも人気の出すぎという気もしますが、当時の仮想通貨の勢いと、ビットコイン分裂騒動の中心人物で大手マイニンググループBitmain社のジハン・ウー氏が投資していたことなどが影響したようです。

トロンの将来性

トロン(TRX)は仮想通貨時価総額ランキング11位前後のメジャー通貨ですが、発行枚数が多いことから2~3円前後で購入チャンスのある通貨です。

仮想通貨界のムーディーズともいわれるDPレーティング(大手仮想通貨格付け機関)は、仮想通貨200銘柄の格付けを行いましたが、トロンは最高得点の5点を獲得しています。最高得点を獲得したのはトロン含め7通貨のみです。

また、近年ではゲーム業界への進出も視野にいれているそうなので、今後トロンの価格は急上昇するかもしれません。

まとめ

以上が、トロン(TRX)についてになります。
少しでも、分かっていただければ幸いです。
次回はHuobi Token(HT)についてみなさんと一緒に共有できればと思います。