ビットコインキャッシュとは?ビットコインキャッシュの今後


ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)とは、ビットコインから分岐した仮想通貨のことを言い、略称でBCHとも呼ばれています。初心者向けに購入方法が説明しやすいため、多くの利用者からの人気もあります。

ビットコインキャッシュの成り立ち

ビットコインと呼ばれる一種の仮想通貨のユーザーが増加するとともに、様々なトラブルが生じてしまったことでニュースに取り上げられる問題が多くなり、それに伴って、仮想通貨の安全性が疑問視されました。

このトラブルの原因は、取引を記録するブロックが埋め尽くされ、取引がネットワークに承認されるまでの時間が長くなってしまったことです。

このトラブルが解決しないままでは、安全性を継続して保障することが不可能となります。そこで、このトラブルを解決するために、そのブロックのサイズを拡張することで、分岐してできたアイルコインがビットコインキャッシュと呼ばれるものです。

ビットコインキャッシュとビットコインキャッシュABC・ビットコインSVの関係

ビットコインキャッシュは分岐したことにより誕生した通貨では、トップクラスの時価総額を誇っています。加えて、発行量や半減期に関しても分岐前のビットコインと同じと優れた仮想通貨と評価されました。

しかし、2018年にビットコインキャッシュはさらに分岐を行い、ビットコインキャッシュABCとビットコインSVの2つに分裂しました。この原因は、開発者同士の考え方の違いによるものです。ビットコインキャッシュとして分岐した後に、ブロックチェーンのブロックサイズの大きさを決定する際、両者の主張は大きく異なりました。

その結果、両者譲ることなく、さらに分岐する結論に至ったのです。その後は、分裂があったにもかかわらず、ビットコインキャッシュは順調に成長を見せています。

今後は、ビットコインABCの開発チームが機能のアップグレードを行うこと予定しています。そのアップグレードにより、取引のプライバシーを高く保つことや、ブロックチェーン上に記録するデータ量を大幅に圧縮し、負担を軽減することが見込まれます。