ビットコインの事件まとめ

Bitcoinとは?

仮想通貨は金銭取引きの中でも新しい分野として知られています。株や債券とは異なり、現物が無いことが特徴になりますが、投資目的で考えた際には、仮想通貨は比較的価格変動が大きなものなので、チャンスというものを期待することができるのではないでしょうか。仮想通貨の中でも先駆者はビットコインになりますが、このビットコインは英語表記ではBitcoin、短縮してBTCとも呼ばれているものが該当しています。投資でビットコインを活用するには他の投資内容と同様な流れになり、安いときに購入をして購入時よりも高くなった際に売るという単純さも人気の一つです。分散型の投資先としても人気があり、全てをオンライン上で決済できることも魅力的です。

Bitcoinの事件

一方でビットコインを代表とする仮想通貨では、時折ニュースで取り上げられた経緯もあります。単に情報を提供することやトレンドを紹介するというニュースだけではなく、事件に発展した際にも何度も取り上げられています。

ビットコインの事件はいくつもありますが、有名なものでは2014年にハッキングにより75万BTCを失ってしまい、その結果、経営破綻に陥ったという事例があります。2016年にも日本円で65億円もの大金がハッキングにより盗難された事件も有名です。この事件は独自のスプリット機能を悪用され被害に遭ったという事例です。2018年には日本大手取引所から580億円という前代未聞な仮想通貨がハッキングにより流出してしまった事件です。およそ26万人もの被害者が出てしまった大規模な被害ですが、その後は被害者26万人全員に既定の計算式で約460億円の仮想通貨が返金される見通しです。

全てに共通をしていることはハッキングです。オンラインを使う以上、100%被害を回避することは難しい一面がありますが、現在では各取引所がセキュリティを万全にしており、2段階以上の認証機能を持たせていることが多いようです。

まとめ

以上がビットコインに纏わる事件のまとめになりますが、これから利用される方は信用度の高い仮想通貨を利用することは大前提でしょう。