ブロックチェーンの種類とメリット

こんにちは、デザイナーのmotoです。
今日は、ブロックチェーンの種類とメリット、今後についてお話していこうと思います。
昨日のブロックチェーンについてはなんとなく理解していただけたでしょうか?
なんとなくでもいいので、理解していただければ幸いです。
今回は、ブロックチェーンの種類とメリット、今後についてみなさんと共有できればいいなと思います。

ブロックチェーンは大きく「パブリック型」と「プライベート型」に分けることができます。

パブリック型

「パブリック型(パブリックチェーン)」は、中央集権的な管理期間を持たず、不特定多数のだれでも自由に参加でき、だれでもマイニングに参加できるブロックチェーンを指します。ビットコインが代表的です。

プライベート型

「プライベート型(プライベートチェーン)」は、管理者がいるのが特徴です。マイニングを行うためには、管理者の許可によってコントロールできるため(パブリック型はマイナーの賛同を得なければならない)、金融システムの管理などに活用できるでしょう。

Blockchain(ブロックチェーン)のメリット

1.「中央集権化」を防げる

ブロックチェーンのメリット1つ目は、「中央集権化」が防げることでしょう。一元管理しないことによって、システムが実質的にダウンしない(分散することで他所で復旧できる)というメリットです。
また、多くの利用者の間でブロックチェーンを共有しあうため、特定の管理者による独裁的にコントロールされないのもメリットです。

2.海外送金の低コスト化が実現する

2つ目のメリットは、特定の金融機関を介さないことによって海外への送金コストが大幅に削減できることです。通常、金融機関を経由することで数百円から数千円の手数料が発生します。かつては送金回数が増えるほどコストが嵩んでしまいました。しかし、ブロックチェーンによってユーザー同士の直接的な送金が実現し、安価な手数料で送金が可能となりました。手数料は取引量によって変化するため、確認が必要です。

3.データの改ざんが不可能になる

3つ目のメリットは、データの改ざんが実質不可能になることです。昨日も紹介しましたがブロックチェーンは暗号化され、分散して保存されています。
また、その暗号化されたデータは不可逆性があるため、特定することはできません。意図的に改ざんすれば、分散したデータとの整合性が取れないため、すぐに不正が明らかになるのです。

4.スマートコントラクトによる契約の効率化と改ざん防止

4つ目のメリットは、スマートコントラクトという技術によって契約の効率化と改ざん防止に役立てられる点です。スマートコントラクトによって契約に関わる第三者機関(仲介者)を通さず、約定照合や契約状況の把握ができるため既存の契約業務を自動化できます。また、3つ目のメリットとして挙げた、暗号化、分散管理によって契約内容の改ざんも防げるのです。

Blockchain(ブロックチェーン)の今後

ブロックチェーンは、まだ活用されはじめた段階の技術です。今後挙げられるのが、処理速度です。データを分散管理することや、リアルタイムでの処理が行えないため、実店舗のような即時決済を行うようなシステムでの活用は課題となると思います。

まとめ

以上が、ブロックチェーンの種類とメリット、今後についてになります。
次回は、マイニングについて一緒に共有できればと思います。