おすすめ取引所(part2)-GMOコイン

前回は販売所と取引所の違いと、人気取引所のひとつであるCoincheck(コインチェック)を紹介しました。

Part2では、GMOコインについて紹介したいと思います。

GMOコインとは

GMOコインは2016年10月に設立された国内最大級の取引所で、GMOコイン株式会社が運営しています。

GMOコインでは、全5銘柄を、取引所・販売所のどちらでも売買することができます。

GMOコインのおすすめポイント

 

GMOコインおすすめポイント

・基本手数料がすべて無料

・スプレッドがせまく損をしにくい

・アプリで簡単にFX取引ができる

・運営が大手で信頼性が高い

基本手数料がすべて無料

GMOコインは取引手数料・入手金手数料など、現物取引にかかる手数料がすべて無料です。

また通常は自己負担である送金手数料も、GMOコインでは全額取引所が負担してくれます。

スプレッドがせまく損をしにくい

スプレッドとは、通貨の買値と売値の差額のことです。GMOコインは取引所形式と販売所形式のどちらでも取引できます。

取引所形式は…

ユーザー同士の取引のため、タイミング次第ではスプレッドはほぼゼロになります。

販売所形式は…

販売所は、買値は相場よりも高く、売値は相場よりも安く設定します。差額分を販売所が儲けとして取るような仕組みになっています。

GMOコインは、販売所形式のスプレッドも小さいことで評判です。

アプリで簡単にFX取引ができる

GMOコインは、スマホ用に仮想通貨FX取引専用アプリの「ビットレ君」を出しています。このアプリを使えば、いつでもどこでも素早く仮想通貨のFX取引を行うことができます。

2018年5月30日から、アルトコインの取り扱いも開始しました。

売値、買値と取引量を入力するだけで取引が成立します。

チャート機能も充実しており、チャート5種類、テクニカル指標4種類を見ることが可能です。

 

運営が大手で信頼性が高い

GMOコインは、東証一部上場インターネット会社であるGMOインターネットの傘下にあるため、セキュリティ・サーバーは国内最高水準で、信頼性は抜群です。

ハッキングの危険性が恐れられている仮想通貨なので、セキュリティ対策がしっかりとしているところは大切なポイントですね。

まとめ

以上、GMOコインについてまとめました。

次回はbitbankについてお話したいと思います。