仮想通貨ビットコインキャッシュの今後

ビットコインキャッシュとは?

ビットコインキャッシュBCHと表記し平成29年の8月に、BTCと表記するビットコインをバージョンアップするときに行うハードフォークで生まれました。

ハードフォークは何?

ハードフォークとは、仮想通貨システムの仕様を変更して分岐させる手法のことです。そしてビットコインキャッシュの仮想通貨システムの基本的な仕様は、ビットコインが基になっていますがデータ容量を増やすことによって今まで抱えていた課題を解決することを目指したのが大きな特徴です。

スケーラビリティ問題

ビットコインには、スケーラビリティ問題が発生していました。またビットコインには、ブロックチェーンと呼ばれる技術が採用されています。ブロックチェーンとは、仮想通貨を取引する内容などのデータを格納したブロックと呼ばれる塊を鎖状に繋いでいく仕組みで、ブロックの中の暗号化されているデータを解析して処理することによって取引が成り立っていくシステムとなっています。この解析して処理する作業を、マイニングと呼ぶ訳です。マイニングを行う報酬として、ビットコインが新たに発行されることによって取引を成立させ続けています。

ビットコインでは、それぞれのブロックにデータ容量が1MB分あてがわれていました。しかしビットコインを取引する量が多くなると、ブロック容量に対する取引データの量が増えてしまい過ぎて、処理速度が落ちてしまいます。そうすると送金や取引が順調に行われず使い心地が悪くなりますが、この現象のことをスケーラビリティ問題という訳です。

まとめ

ビットコインキャッシュは1MBであったブロック容量を、8MBに増やしました。このことによって、ビットコインが抱えていた仮想通貨のスケーラビリティ問題が解消された訳です。ですので取引速度が遅くなる心配がなく、外国に送金するときなどに利便性を発揮します。平成30年の5月には、ブロックチェーンの仕様を更新するハードフォークを実施して、データ容量が32MBに拡大されているのです。