仮想通貨取引所タオタオが損失保証を導入

9月30日、仮想通貨取引所タオタオは不正ログインによる不正な出金にかかる損失への保証を導入したことを発表しました。

ユーザーの資産の安全性向上のために、2段階認証登録ユーザー様のメールアドレス・パスワード等の盗取により行われた不正ログインによる不正な日本円出金にかかる損失への補償を導入したとのこと。

2段階認証をご設定いただいている口座を対象にログインIDやパスワードの盗難での不正ログインによる不正出金によって被る、いわゆる「なりすまし」による損害について、 1回の請求で最大100万円を補償いたします。

 

※2段階認証とは、資産保護およびセキュリティ強化を目的として、ログインパスワード(第1認証)の入力に加え、端末上で常時発行される認証コード(第2認証)を入力させる仕組みです。悪意のある第三者により不正操作を防ぐためにも、2段階認証をご設定いただくことを強く推奨しております。郵送物のお受け取り後に2段階認証の設定が可能です。
※PC版取引ツールでは「第2認証」と表示されます。
※2段階認証の設定の仕方については、こちらをご参照ください。

補償の適用対象

・出金先銀行口座に日本円で不正に出金されたこと。

 

・2段階認証の設定をしていること。

 

・出金先銀行口座情報の変更時および出金先銀行口座に日本円を出金する際に2段階認証を設定していること。

 

・ログインIDやパスワードの盗難または不正出金の発生した際、直ちに所轄警察署およびTAOTAOに通知していること。

補償の対象とならない場合(主な例)

・口座保有者の同居の親族、別居の未婚の子、同居人、留守人または使用人が自ら行い、または加担したログインIDやパスワードの盗難。

 

・口座保有者が担保等のために他人にIDナンバー等の管理を委ね、その間およびその後に起きたログインIDやパスワードの盗難された場合(ただし、その盗難が管理を委ねたことに基づかないことを口座保有者が証明した場合は除く)

 

・ログインIDやパスワードに設定された有効期間を経過した後に行われた使用。

 

・当社のサービス基本約款等の規定違反。

 

・口座サービスおよび2段階認証が正常な機能を発揮しない状態で行われた使用。

 

・口座保有者が正当な理由がなく、ログインIDやパスワードの盗難または保険事故の発生を知った際、直ちに所轄警察署およびTAOTAOに通知を行わなかったことにより発生または拡大した損害。

タオタオHPより