仮想通貨UNUS SED LEO(LEO)の特徴とは


2019年7月に突然市場規模14位にランクインしたUNUS SED LEO(LEO)
高い注目を浴びたLEOの特徴や今後の展開などを解説します。

 

UNUS SED LEO(LEO)について

LEOは、海外仮想通貨取引所BitfinexがIEOとして販売したトークンです。

トークンとは
仮想通貨業界では一般的に、既存のブロックチェーン技術を利用して発行された仮想通貨のことを指して「トークン」と呼ぶ

発行元はUnus Sed Leo Limited
取引所ユーティリティトークンとして機能し、Bitfinexで提供される様々な商品や、手数料の割引などに利用できます。
また、同取引所の運営元であるiFinexが運営するEthfinex Trustlessでも利用できます。

ユーティティトークンとは
特定のサービスやシステムで使われるトークンのこと

発売時は1LEO=1USDTで固定して販売しており、最終的に10億ドル分のLEOが完売しました。

買い戻しとバーン

海外仮想通貨取引所Bitfinexは2019年7月8日に最初のIEOで得た収益の約27%をLEOトークンの買い戻しに費やしたことを発表。
Bitfinexによると、約10億枚発行されたLEOトークンは、2019年7月現在、総供給量996,354,590.90枚、バーンされたLEO3,645,409.10にも上ります。

バーンとは
焼却の意味でありトークンを永久的に利用できなくすること

バーンされたことで、流通量の減少から供給が減り、その価値上昇が期待できます。

LEOの将来性

LEOはBitifinexの手数料や、iFinexが提供する様々な製品での利用を目的としています。
また今後さらなるプロダクトのリリースも予定されています。
Bitfinex Derivatives、eosfinex, iFinex IEO platform、A Licensed & Regulated Security Token Exchangeなど。
※ホワイトペーパー参照
また先述の通り、iFinexの総売上の最低でも27%のLEOを買い戻しバーンするとしており、今後の需要増加と、供給量減少による価値上昇も期待できます。
さまざまな活用の増加や、買い戻しとバーンによって自然とその需要の高まりにより、価値は上昇していくと考えられます。

しかし、取引所リスクも無視できません。
Bitfinexはニューヨーク州検事総長事務所NYOAG)が公開した文書で、LEOが「マーティン法の証券発行のあらゆる兆候を持つ」と指摘されています。

マーティン法とは
ニューヨーク州内における証券規制のことで、
ブローカーやディーラーといった証券を取り扱う者への州務長官への登録を要求するもの

事実、NYOAGから発せられた内容によって、その価格を落としているため、こうした規制問題も注視していく必要があります。

まとめ

以上、LEOの概要と特徴、将来性についてまとめました。
将来性のある一方、規制問題についても今後注視していく必要がありそうです。