ライトコインとは?ライトコインの今後はどうなる?


こんにちは、motoです。

今回はライトコインについて、みなさんと共有できればいいな思います。

前にも、紹介したと思いますが改めて紹介しようと思います。

ライトコインとは?

ライトコイン(Litecoin)とは、2011年にビットコインをオープンソースとして作られた仮想通貨の名称で、略語としてLTCと表記されることもあります。

ビットコインは決済を行う際の承認時間が10分近くかかることがネックで早くから改善が求められていましたが、ライトコインはこの問題をクリアするべく改良されたコインです。

ライトコインの特徴

ライトコイン非常に人気が高い仮想通貨で、コインマーケットの6番目に位置しており、時価総額は80億ドル、発行枚数は8400万枚と流通量が多いことと、承認時間が2.5分と短いことが特徴です。

元々実用化を重視して開発されているため、処理スピードの速さに加えて取引手数料が低いことから初心者向けの仮想通貨としても人気があります。

しかし、今まではビットコインに次ぐ長い歴史を持ちながら、ライトコインは比較的地味な存在で、知名度も今一つの印象であることが否めませんでした。これは開発者があくまでもビットコインの補足的なものにしたいという考えを持っていたことと、公平な配分を望んだため多数の競合仮想通貨が行っている事前採掘を実行しなかったことによります。

ライトコインの今後

ここ最近になり開発コミュニティが非常に活発になったことで、大手企業との連携を積極的に行われるようになりました。

既に多くの決済サービスに導入されており、送金手段としても優秀な面を持っているため、将来性の高い仮想通貨と言われ、今後についても非常に明るい見通しで、2019年以降に価格が上昇する可能性が高い通貨のひとつに挙げられています。

その理由のひとつが2019年8月に半減期がくることで、一般的には半減期が近づくと価格が上昇する傾向にあるため、ライトコインもこれに準ずると考えられている他、銀行の株式を取得したことで資本面での不安も少なくなったことから、価格上昇の良いラインに乗っていると判断できます。

このように今後の将来性も期待されているので、ライトコインに興味があるなら仮想通貨の取引所でアカウントを開設してみてはいかがでしょうか。