仮想通貨ネム(XEM)の特徴と今後

ネム(XEM)とは

ネムとは、様々な電子商取引の方式の中で非常にシンプルで正確性を持つものとなっており、今後その技術を応用した様々な取引が行われすると期待されている仮想通貨です。

ネムはNEMと言う仮想通貨であると誤解されている面がありますが、実際には仮想通貨ではなく、その取引の方式を設定した総称です。このネムの方式を利用した仮想通貨はXEMであり、昨年は新たな方式を導入したものとして非常に期待されましたが、流出のトラブル以来、あまり話題に上ることがなくなりました。しかし現在ではネムもその脆弱性を対処しブラッシュアップされており、仮想通貨初心者にとっては非常に安心して取引を行うことができるものとなっています。

XEMの魅力

ネムの魅力は単なる仮想通貨の新しい方式と言うだけではありません。これまでは通常の通貨と同じように保有量に対してその価値が決められるものとなっている仮想通貨が多かったのですが、ネムの方式では取引量も重要な要素に考慮されています。すなわち単に通貨の数が多いだけではなく、その通貨を利用してどの程度の取引を行ったかの情報も記録されており、これが保有する通貨の価値を大きく左右する要素となっているため、利用すれば利用するほど利益を上げることができる構造となっている点が特徴です。

まとめ

通貨は本来流通するものであり、仮想通貨も電子商取引においてスムーズな流通を行うために開発されたものですが、現在ではこれが投機目的で購入される面が非常に強くなっており、流通をしないためにその価値が低下してしまうと言う問題があります。ネムの組織は本来の通貨の価値を引き上げる目的があり、その使い方や方式がシンプルであるために初心者向けの仮想通貨であると言えます。